おっぱいに関する悩み

胸が小さくても、大きくてもそれぞれ悩みがあります。
小さい人の悩みには
・胸を強調する洋服が似合わない
・寄せてあげる下着を身につけているときにバレてしまったときの男性のガッカリ感が強い
・下着を購入するときには「寄せてあげるタイプ」をデザインよりも優先的に選んでしまう
などです。
大きい人の悩みには
・タイトな服は周りの目が気になり、ラインを隠す洋服では太って見られる
・かわいいブラジャーはせいぜいeカップまで、fカップ以上のブラは選べるデザインが少ないだけでなく高額
・肩がこる
など、小さくても大きくても悩みは尽きません。

おっぱいを大きくする方法・ベスト5

no.1

ナイトブラを使用

胸は9割が脂肪でできています。
寝るときには「ノーブラ派」が多いですが、寝ていると胸の脂肪が、胸から流れてしまいます。
・仰向けで寝ていると上や横方向に
・横向きで寝ていると下方向に
胸が動いてしまいます。うつ伏せで寝ているとバストを押しつぶして外向きに力が働きます。
脂肪が流れないために「ナイトブラ」を利用します。

no.2

女性ホルモンはバストアップの鍵

女性ホルモンは2種類あります。
・エストロゲン・・・乳腺を増やす働き
・プロゲステロン・・・乳腺の発達を促す
乳腺は増えると周りに脂肪をつけて乳腺を守る働きがあります。食べても胸に脂肪がつかない理由は乳腺が少ないからです。女性ホルモンはストレスや睡眠不足などにも分泌の量を減らしてしまいます。

no.3

アミノ酸不足はホルモンバランスの乱れを引き起こす

アミノ酸はたんぱく質に関わる成分ですが、たんぱく質はホルモンの材料となります。アミノ酸が不足すると身体のあちこちに影響が出てホルモンバランスも乱れてしまいます。アミノ酸不足はバストアップへの影響だけでなく、美容にも健康にも影響を与えます。アミノ酸は食べ物でも補うことができ、鶏肉や牛肉、豚肉、鶏卵や牛乳、大豆製品、鮭やあじなど意識的に摂取をしていきます。

no.4

姿勢をよくして血行促進

猫背は腰痛や肩こりの原因となります。姿勢の悪さは血行不良を引き起こし、筋肉が凝り固まってしまいます。血液やリンパの流れを改善し、バストへ「栄養」「女性ホルモン」をスムーズに届けることができるようになります。
おっぱいを大きくしたいときには、姿勢を良くして肩こりなどを改善するためのストレッチやマッサージを行いコリをほぐしていきます。

no.5

ブラの正しいつけ方をしていますか

ブラジャーのサイズを曖昧に何となく購入している人やつけ方が間違っている人は少なくありません。間違ったサイズやつけ方をしていてはバストアップは望めません。ランジェリーショップは敷居が高い、高いブラを買わされそう、と敬遠するのではなく正しいつけ方を習い定期的にサイズを確認してもらうことがバストアップには重要です。

効率よくおっぱいを大きくする為に気を付けるポイント

サプリで効率よくバストアップ

サプリメントはいつ飲むという決まりはありませんが、就寝中におっぱいを大きくする成長ホルモンの分泌されるため飲むタイミングは「就寝前」です。摂取量はパッケージなどに記載されている量は必ず守ります。適量は身体に良い影響を与えてくれますが、過剰摂取は体調不良に繋がります。早く大きくしたいとサプリをたくさん飲んでも高い効果を得ることはできません。

女性バランスの低下はバストだけでない影響

女性ホルモンが低下すると身体のあちこちに悪影響が出てしまいます。
・バストはハリがなくなり、サイズダウン
・肌のツヤや弾力そして潤い不足
・髪の毛のツヤがなくなり、パサパサな髪質に
・生理不順
・肩こりや腰痛など
・身体のだるさ、冷えや汗がかきやすくなる
・心のバランスの乱れ
など身体だけでなく心にも影響が出てしまいます。

バストアップマッサージはやり過ぎ注意

おっぱいの大きくする方法で大切なことは、サイズアップだけでなく柔らかさも大切です。リンパや血液の流れが悪いと老廃物が溜まってしまって胸が硬くなってしまいます。マッサージには滑りを良くするために専用のクリームを使ってほぐし、特に血行がよくなるお風呂上りがおすすめです。また力の入れ過ぎや長時間のマッサージのやり過ぎはバストに負担をかけてしまいます。

ツボを刺激してバストアップ

ツボ押しはさまざまな効果を期待することができますが、バストアップにもツボ押しは期待することができます。新陳代謝がアップして、リラックス効果も得ることができストレスにもおすすめです。
ツボ押しはマッサージと同じく身体を温め新陳代謝をアップしてから行うとより効果的です。お風呂上りやリラックスタイムに
1回3~5秒ほど、3~5回ほど繰り返し押していくことがポイントです。
ツボ押しは体調が優れないときや熱があるとき、食後や飲酒後には控えます。

キレイなバストをキープするために

胸筋を鍛えるとバストアップはできませんが、重力に負けない「胸の下垂れ」を防いで形の良いバストを目指すことができます。
トレーニングは姿勢が崩れたままマシーンを使うと、腕や肩が鍛えられてしまい胸筋への効果が十分発揮させることができません。またいきなり大きな負荷を掛けると身体を痛めてしまうことがあるため徐々に行うことが大切です。
頑張り過ぎてしまうと、必要な脂肪を燃やし過ぎてしまってサイズダウンになってしまうこともあります。

女性ホルモンを管理しておっぱいを大きくする方法

レディ

まずは女性ホルモンの働きを知る

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンが月経周期の一定周期に合わせて分泌量が変わります。女性ホルモンは妊娠や出産に関わりますが、さらに美肌にも重要な働きを持っています。
エステロゲンには肌のハリや弾力に関係があるコラーゲンやヒアルロン酸を作る働きがあります。
女性ホルモンが分泌されると新陳代謝がアップするため痩せやすい身体へと繋がります。
エストロゲンとプロゲステロンはどちらかが過剰分泌されてしまうと、美肌や女性らしい身体にはなりません。女性ホルモンはバランスが大切です。

おっぱいが大きくなるメカニズム

おっぱいは大きくなるためには乳腺の発育が必要です。おっぱいのメカニズムは、脂肪があると柔らかくなり、乳腺を守るために脂肪がつきます。乳腺が小さいと脂肪もつきません。
乳腺の発育には女性ホルモンに含まれるエストロゲンが重要な鍵になります。エストロゲンには乳腺の細胞を増やす働きがあります。増やすだけでなく乳腺を大きくするためには同じく女性ホルモンに含まれるプロゲステロンが必要です。
おっぱいを大きくするためには「エストロゲン」「プロゲステロン」の成分が必要となります。
女性が初潮を迎える1年ほど前から30歳ぐらいまで胸は成長しますが、成長時期に女性ホルモンがたくさん出ると乳腺を増やし、乳腺を守る脂肪がつき大きなおっぱいを作ることができます。

広告募集中